• 2019.12.12

地域に信頼される薬局作り~病院薬剤師の経験を活かす~

病院薬剤師経験後に調剤薬局を開業された中田氏。病院薬剤師時代に習得した経験は薬剤業務だけにとどまず、チーム医療の業務を経て体系化し地域医療連携を推進した経験を持つ。これまでの取り組みから中田氏の今後の構想を伺った。 プロフィール 出身地 :青森県弘前市大学 東北薬科大学(現東北医科薬科大学) 研究内容 :微生物学部活 サッカー部 現職:株式会社LumeWorks 常務取締役 ハートフル薬局 薬局長 […]

  • 2019.12.01

在宅薬剤師の胃ろうとの向き合い方

超高齢化社会に突入し薬剤師の仕事や役割も変化しつつあります。その中でも在宅医療では薬剤師は薬物治療の専門家として積極的に取り組んでいかなければなりません。では具体的に在宅薬剤師はどのような働きをするべきなのでしょうか。 今回は在宅薬剤師の仕事内容のうち胃ろう管理について着目し、薬剤師として患者さんにできること、他の医療従事者から求められている役割について、実際に在宅医療を担当している薬剤師がまとめ […]

  • 2019.12.01

在宅薬剤師の漢方との向き合い方

普段良く目にする漢方は今や在宅の領域でも処方されるケースが増えています。処方Drの嗜好性に依存する部分もありますが、この漢方を実際の在宅の現場では薬剤師はどのように携われば良いのでしょうか?このページでは在宅で関わる漢方との付き合い方や、注意する点についてまとめていますので、もし今後在宅の場で漢方を扱う際にはぜひ参考にしていただければ幸いです。 では早速内容に移っていきましょう! 在宅で薬剤師が関 […]

  • 2019.12.01

【年収アップ!?】在宅薬剤師の気になる年収について徹底解剖

2025年に問題視されている超高齢化社会はもう目前に迫っています。超高齢化社会では、必然的に医療費は底上げされ、医療費抑制を図るために、官民あげて入院日数を減らす政策やジェネリック医薬品の利用率アップ等様々なコストダウンを推進していく方針です。 そのため、このような超高齢化社会では今後在宅で介護や療養をする行う人は増え、また歩行障害などで通院できない高齢者も増えていくことが予想され、在宅薬剤師のニ […]

  • 2019.12.01

居宅療養管理指導とは?制度の概要・流れ・算定要件

居宅療養管理指導はどういった業務なのでしょうか。実施のための準備や算定要件などは、患者宅を訪問する前に確認しておきたいですよね。しかし保険関連の文書は専門用語も多く、複雑で理解しづらい部分もあるかもしれません。 そこでこの記事では、実際に居宅療養管理指導を行ったことのある薬剤師が、業務内容や訪問の流れ、算定要件について解説しています。実際に業務をおこなう際に知っておきたいことをまとめていますので、 […]

  • 2019.11.29

在宅患者訪問薬剤管理指導とは?制度の概要・算定要件

在宅患者訪問薬剤管理指導とはどのような業務を指すのでしょうか。実施する際の準備や算定要件など、ルールが細かくわかりづらいと感じている方もいらっしゃるかもしれません。同じように在宅でサービスを提供する「居宅療養管理指導」との違いも明確にしておきたいところではないでしょうか。 そこでこの記事では、実際に在宅患者訪問薬剤管理指導を行ったことのある薬剤師が、業務の概要や流れ、必要書類や算定要件について解説 […]

  • 2019.11.28

在宅療養支援認定薬剤師とは?取得のメリット・制度の概要・取得方法

在宅療養支援認定薬剤師とは、在宅医療のプロフェッショナルであることを証明する認定のこと。認定されると、どのようなメリットがあるのでしょうか?在宅療養支援薬剤師の役割や認定制度の概要、認定を受けるための手順を解説していきます。 在宅療養支援認定薬剤師とは?【役割・取得のメリット】 在宅療養支援認定薬剤師は、在宅医療に関する「知識」「技能」「態度」が優れていると認められた薬剤師を指します。 在宅療養支 […]

  • 2019.11.28

在宅薬剤師の認知症との向き合い方

日本は少子高齢社会であり、しばらく前からこの少子高齢社会が日本国内に多大な影響を及ぼすと懸念されています。特に日本の人口層で一番数が多い団塊の世代が75歳以上の後期高齢者になる2025年問題もあり、在宅医療のニーズもどんどんと高まっています。その中でも認知症の患者さんも増えてくると予想されています。 現時点でも軽度のものを含めると800万人以上の認知症患者さんがおり、2025年には1200万人を超 […]

  • 2019.11.28

薬剤師の免許取得からMR→薬剤師→多角事業経営者になるまでの軌跡

薬学部在学中は授業やレポートに追われながらも、イベントサークルや、昔から勤しんだサッカー部で充実した学生生活を送った西氏。今や薬局3店舗を経営し、薬剤師以外の領域への事業参入を着実に進めている。薬剤師を目指したキッカケやこれからの構想についての胸中を聞いてみた。 プロフィール 福島県生まれ。明治薬科大学薬学部にて薬剤師免許を取得。大学卒業後、大塚製薬株式会社のMR(医薬情報担当者)として3年間福島 […]

  • 2019.11.28

在宅薬剤師の褥瘡との向き合い方

在宅薬剤師の仕事をしていると、多くのケースで「褥瘡(じょくそう)」を目にする機会があります。褥瘡は症状が酷くなると手が付けられなくなることも多いため、早期発見や早期治療が求められます。そこで、褥瘡とは何か、その症状や選択すべき薬剤などを中心に解説します。 褥瘡とは これまでみなさんが目にしたことがあるように、褥瘡にはさまざまな状態があるため、一言で状態や形態を説明できません。そのため、的確な薬剤を […]

Category New Article