在宅患者訪問薬剤管理指導とは?制度の概要・算定要件

在宅患者訪問薬剤管理指導とは?制度の概要・算定要件

在宅患者訪問薬剤管理指導とはどのような業務を指すのでしょうか。実施する際の準備や算定要件など、ルールが細かくわかりづらいと感じている方もいらっしゃるかもしれません。同じように在宅でサービスを提供する「居宅療養管理指導」との違いも明確にしておきたいところではないでしょうか。

そこでこの記事では、実際に在宅患者訪問薬剤管理指導を行ったことのある薬剤師が、業務の概要や流れ、必要書類や算定要件について解説しています。在宅患者訪問薬剤管理指導をおこなう前に知っておきたいことをまとめました。実施の前に漏れがないか確認してみてはいかがでしょうか。

在宅患者訪問薬剤管理指導とは?医療保険を利用した在宅医療の提供


在宅患者訪問薬剤管理指導とは、医療保険を利用して在宅医療を提供する業務です。通院が難しい患者の居宅に訪問し、薬学的管理指導をおこないます。薬学的管理指導の具体的な内容は以下のように定められています。

・薬歴管理
・服薬指導
・服薬支援
・薬剤服用状況、薬剤保管状況及び残薬の有無の確認 等

薬剤師の関わりにより服薬状況が改善し、患者の病状やADL・QOLが向上することが期待されています。

在宅患者訪問薬剤管理指導の対象患者は?居宅療養管理指導(介護保険)との違い


在宅患者訪問薬剤管理指導の対象となるのは、通院が難しく、服用に関して薬剤師のサポートが必要であると判断された患者です。在宅訪問の対象となる患者が介護保険で認定を受けている(要支援・要介護)場合は、医療保険で在宅患者訪問薬剤管理指導料を請求することはできません。介護保険を使って、居宅療養管理指導費を請求することになります。

業務内容は在宅患者訪問薬剤管理指導も居宅療養管理指導も、基本的に同じです。

在宅患者訪問薬剤管理指導の流れ:フローチャート

在宅患者訪問薬剤管理指導の業務の流れをフローチャートにまとめました。流れに沿ってそれぞれ説明していきます。

【準備】届出・掲示物・必要書類

在宅患者訪問薬剤管理指導おこなうためには、届出を提出し、掲示物や必要書類を準備する必要があります。日本薬剤師会の会員であれば、掲示物や書類の雛形を会員専用ページ「在宅服薬支援マニュアル」よりダウンロードできるので活用するとよいでしょう。
https://nichiyaku.info/member/kaigo/fukuyakushien.html

まずは「在宅患者訪問薬剤管理指導に係る届出」を地方厚生局に提出します。

それから訪問薬剤管理指導の届出を行っている旨を、薬局の内と外2カ所に掲示してください。在宅患者訪問薬剤管理指導をおこなう薬局であることを記載した、薬剤情報提供文書を交付することも義務付けられています。

介護保険による居宅療養管理指導とは異なり、契約書は不要です。しかし、訪問に際して在宅患者訪問薬剤管理指導について説明し、同意を得ておく必要はあるので、説明文書は用意しておきましょう。

【訪問開始のきっかけ】医療従事者からの依頼・患者からの要請

在宅訪問のきっかけとしては、薬剤師が提案、医師や看護師からの依頼、患者や家族からの要請などがあります。

いずれにしても在宅患者訪問薬剤管理指導をおこなうには、医師の指示が必要です。処方箋の処方欄もしくは備考欄に訪問指示を記載してもらいましょう。書面での指示は必須ではなく口頭でもかまいませんが、その場合は薬剤服用歴に記載しておきます。

必要があれば訪問薬剤管理指導依頼書や情報提供書のような書面によって、患者に関する情報を医師から受け取りましょう。

【処方箋受け付け】薬学的管理指導計画書の策定

FAXもしくは電子メールで処方内容を送付してもらい、調剤します。処方箋原本は患者宅を訪問した際に回収するとよいでしょう。
訪問の前に薬学的管理指導計画を策定しなければなりません。少なくとも月に1回の見直す必要があります。

【在宅訪問と報告】薬学的管理指導・報告書の作成

患者の居宅を訪問し、薬学的管理指導を行います。訪問後は薬剤服用歴を記録し、報告書を作成しましょう。報告書の内容に決まりはありませんが、訪問回数・服薬管理者・管理方法・調剤形態・併用薬などを記載します。

在宅患者訪問薬剤管理指導料の算定要件・診療報酬点数


在宅患者訪問薬剤管理指導の算定要件と診療報酬点数について見ていきましょう。

算定要件(薬剤服用歴に記載すべき内容)

在宅患者訪問薬剤管理指導料を算定する場合は、通常の薬剤服用歴に追加して以下の内容を記載する必要があります。

・訪問した日、訪問した薬剤師の氏名
・処方医から提供された情報の要点
・薬学的管理指導の内容
・医師への報告書の内容
・他職種との情報共有の内容(あれば)
・サポート薬局が訪問を行なった場合はその旨

そのほか、医師からの訪問指示があること、薬学的管理指導計画書を作成し月に1回以上見直していることも算定要件となっています。

診療報酬点数(患者の自己負担額)と算定できないケース2パターン

在宅患者訪問薬剤管理指導の診療報酬点数は以下の3種類あります。

診療報酬点数 自己負担額(1割負担の場合)
単一建物居住者が1人 650点 650円
単一建物居住者が2~9人 320点 320円
単一建物居住者が10人以上 290点 290円

※同居する同一世帯の患者が夫婦などで2人以上いる場合は、患者ごとに「1人の場合」を算定します。

算定は患者1人に対して週に1回、月に4回まで。かつ、薬剤師1人につき週40回までの制限があります。交通費は患者に請求してかまいません。そのかわり特別な理由がなければ、患者の居宅から16km以内にある薬局が、在宅患者訪問薬剤管理指導をおこなう決まりとなっています。

在宅患者訪問薬剤管理指導料を算定できないケースとしては以下の2つがあります。

・他の薬局が在宅患者訪問薬剤管理指導料を算定している場合
・患者が介護老人福祉施設(特養)、介護老人保健施設(老健)、養護老人ホームに入居している場合

※介護老人福祉施設(特養)では末期の悪性腫瘍の患者に限り、在宅患者訪問薬剤管理指導料が算定可能です。

まとめ

在宅患者訪問薬剤管理指導は、介護保険で認定を受けていない患者に在宅医療を提供する業務のことでした。実施するためにはまず届出を提出する必要があります。準備ができたら医師の指示、患者の同意を得て、患者宅を訪問しましょう。在宅訪問後は書面による医師への情報提供が必須です。

在宅医療では医療保険と介護保険の取り扱いの区別が重要です。それぞれの取り決めを理解し、届出の不備や請求漏れが起こらないようにしておきましょう。

この記事の監修
” alt=”” width=”102″ height=”142″ class=”alignnone size-full wp-image-291″ />” alt=”” width=”860″ height=”484″ class=”alignnone size-full wp-image-1620″ />
西 智行
株式会社スマイリンク

薬科大学卒業後、大手製薬会社の医薬情報担当者(MR)として入社。3年間福島県の郡山を中心に営業活動を行い、薬局経営事業に着手。関東中心に4店舗のM&Aを経て、薬局経営コンサルや転職コンサルに従事している。

在宅薬剤師についてカテゴリの最新記事