在宅薬剤師の臨床

  • 2019.12.01

在宅薬剤師の胃ろうとの向き合い方

超高齢化社会に突入し薬剤師の仕事や役割も変化しつつあります。その中でも在宅医療では薬剤師は薬物治療の専門家として積極的に取り組んでいかなければなりません。では具体的に在宅薬剤師はどのような働きをするべきなのでしょうか。 今回は在宅薬剤師の仕事内容のうち胃ろう管理について着目し、薬剤師として患者さんにできること、他の医療従事者から求められている役割について、実際に在宅医療を担当している薬剤師がまとめ […]

  • 2019.12.01

在宅薬剤師の漢方との向き合い方

普段良く目にする漢方は今や在宅の領域でも処方されるケースが増えています。処方Drの嗜好性に依存する部分もありますが、この漢方を実際の在宅の現場では薬剤師はどのように携われば良いのでしょうか?このページでは在宅で関わる漢方との付き合い方や、注意する点についてまとめていますので、もし今後在宅の場で漢方を扱う際にはぜひ参考にしていただければ幸いです。 では早速内容に移っていきましょう! 在宅で薬剤師が関 […]

  • 2019.11.28

在宅薬剤師の認知症との向き合い方

日本は少子高齢社会であり、しばらく前からこの少子高齢社会が日本国内に多大な影響を及ぼすと懸念されています。特に日本の人口層で一番数が多い団塊の世代が75歳以上の後期高齢者になる2025年問題もあり、在宅医療のニーズもどんどんと高まっています。その中でも認知症の患者さんも増えてくると予想されています。 現時点でも軽度のものを含めると800万人以上の認知症患者さんがおり、2025年には1200万人を超 […]

  • 2019.11.28

在宅薬剤師の褥瘡との向き合い方

在宅薬剤師の仕事をしていると、多くのケースで「褥瘡(じょくそう)」を目にする機会があります。褥瘡は症状が酷くなると手が付けられなくなることも多いため、早期発見や早期治療が求められます。そこで、褥瘡とは何か、その症状や選択すべき薬剤などを中心に解説します。 褥瘡とは これまでみなさんが目にしたことがあるように、褥瘡にはさまざまな状態があるため、一言で状態や形態を説明できません。そのため、的確な薬剤を […]

  • 2019.11.28

在宅薬剤師のOD錠との付き合い方

在宅薬剤師に限らず、薬剤師として仕事をしていると必ず関わってくることになるのがOD錠です。OD錠には、普通の錠剤に比べて様々な特徴があります。それらの特徴は在宅薬剤師が業務を行う上で、知っておくと役立つことになります。 これから高齢社会を迎える日本の医療において、在宅薬剤師の需要が伸びてくる事が予想されます。そのため、介護を必要とする高齢者一人一人にあった薬剤を選ぶ事は重要なスキルになるでしょう。 […]

  • 2019.11.23

在宅薬剤師の睡眠障害との向き合い方

平成29年に厚生労働省により行われた「国民健康・栄養調査」の結果、日本人の5人に1人が「睡眠で休養があまり取れていない」、「まったくとれていない」と回答しています。平成21年の調査よりその数は増加しており、睡眠障害はまさに国民病といわれるまでになっています。睡眠には、心身の疲労を回復する働きがあります。 このため睡眠が量的に不足したり、質的に悪化したりすると健康上の問題や生活への支障が生じてきます […]